すみれを追いかけて

春夏秋冬 東西南北 すみれ追っかけ日記

蝦夷で出逢ったエゾノタチツボスミレ

 「蝦夷」という名前が付いていても、必ず、北海道にたくさん自生しているとは限らないものです。幸い、このエゾノタチツボスミレは北海道で多く目にすることができました。本州では高い山に咲いているすみれでした。北海道では低山でも海岸付近でも見られましたが、比較的草丈が低いなぁと感じました。若干、違いがあるのでしょうか。

蝦夷で出逢ったエゾノタチツボスミレ
(参考) すみれの部屋@(花の写真館) 、 日本のスミレ増補改訂、 スミレハンドブック 


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2010 Green Moonlight  All rights Reserved
スポンサーサイト

コメント

いつも思う事なのですが^^;
写真の色が綺麗ですね。
線路の写真の緑の色も色々な色彩の緑がそれぞれに綺麗です。

プロフィールのすみれの紫色も本物?みたいに見えます。

嬉しいような、困ったような

どうもありがとうございます。

先ず、簡単な説明ですが、線路の写真はテンプレートの一部ですから、借りものです。
イソスミレの方はピーカンに近い晴天のお昼に撮影しました。
いい感じに色が出て良かったと思います。

これは2003年にRICOHのRDC-7というコンデジで撮影しました。
黎明期に活躍した優秀なカメラでした。
今、しっかり見ると、若干、「G(緑)」が足りないかも知れません。

最近のカメラは、一般的な環境なら、しっかり色が出ますよね。
一眼レフのタイプなら受光素子が優秀なので、普及機でも相当満足できるレベルに写ります。
現在の状況なら「腕」というより「慎重な設定」が重要かも知れません。

プラスαが使えるように、撮影の勉強は続けていますよー。

(追伸)たまに風景写真も撮ることがあります---「ほんにゃか旅日記」に少しずつまとめています

テンプレートの方は大変失礼いたしました。

「蝦夷で出逢ったエゾノタチツボスミレ」の緑とよく似た色合いだったのでてっきり同じ^^;
大きい写真の方が・・・・
等と安易に思ってしまって本当に失礼いたしました。

なかなかすみれの色が綺麗に出なくて四苦八苦しているのでいつも感心して拝見しております。

>現在の状況なら「腕」というより「慎重な設定」が重要かも知れません。

確かに設定は重要と思いますがその設定をするのも「腕」。
「色の感性」をお持ちなのでは^^

「ほんにゃか旅日記」拝見させていただきます♪

こちらは相当の粗忽者ですから、気にしないで下さい。
お互いさまと言うことにしていただければ更に幸いです。

ふと、テンプレートの写真を入れ替えできないかと考えてしまいました。(^▽^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://violet.blog1.fc2.com/tb.php/141-25533b77

 | HOME | 

 

プロフィール

Green Moonlight by NYAN

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

アルバム

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログ内検索

Search(ブログ内検索)

キィワードを入力して下さい

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

(ご注意下さい)

無断複製・転載・使用を禁止します
侵害は著作権法に違反します

(C)2007-2018 Green Moonlight by NYAN
All rights Reserved

(ご来場者数)

(アフィリエイト)

 当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
 『すみれを追いかけて(以下当サイト)』はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん