FC2ブログ

すみれを追いかけて

春夏秋冬 東西南北 すみれ追っかけ日記

花期の長いすみれ

 やんばるで撮影したリュウキュウコスミレで、もう3年前のことになりますね。
 沖縄本島では最も個体数が多いすみれですが、楽しくなるほどに変化があります。一面に咲いていて、良い時期に出逢ったものだなぁと感じたのですが、良く見ると、朔果ができあがっている個体もあります。長い長い花期の中でピークの一部だったことは事実でしょう。でも、本州の多くのすみれたちのように、数日後には様子が変わってしまう感覚とは違うようです。なにしろ、早ければ11月には咲きだして、4月辺りまで咲いていることもあるとか。つまり、花期は約半年間ということになりますね。

花期の長いすみれ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2010 Green Moonlight  All rights Reserved
スポンサーサイト



コメント

たまらなく可愛い色

>楽しくなるほどに変化があります

我が家のリュウキュウコスミレは5枚の花びらに全部筋が入っています。
ちょっとフリルが入っていてどちらかと言うと細長い花びらで最初はあまり好きになれませんでしたが(私のすみれの花のイメージではなかったので)でも世話をしているうちに段々可愛くなってきましたが今は消えてしまいました。

毎年冬中、形は良くありませんが咲いていました。
花期が長いという性質だったということだったのですね。
冬にも咲いていたので何故かな~と思っていたのでやっと納得出来ました。
でも写真の一面咲いている様子、絨毯みたいなこういう光景に出会いたいです。

それと「コスミレサクラ」という市販されていたすみれも今年は咲いていました。
こちらはやはり暖かかったからかしら???
この子はいつでも元気でどこにでも顔をだします。

すいません^^;
また思った事をまとまりもなくダラダラと書いてしまいました。

フリル!

筋とフリルですか。
いろいろあるのですね。
冬から春、沖縄本島で何パターンかの変化を観察できました。
関東で見られるノジスミレとは、まるでイメージの異なる端正な姿をしていますね。(^^*)

花期が長いこと、冬から咲き始めること、でも、これは自生地の話だと思っていたのです。
でも、例えば関東で育てても、自生地に近いライフスタイルを保つようですね。
動物のような体内時計がるのかなぁ・・・?
DNAのなせる技に驚いてしまいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://violet.blog1.fc2.com/tb.php/129-13ed90f4

 | HOME | 

 

プロフィール

Green Moonlight by NYAN

最近の記事

(おすすめ書籍)

月別アーカイブ

カテゴリー

アルバム

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログ内検索

Search(ブログ内検索)

キィワードを入力して下さい

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

(ご注意下さい)

無断複製・転載・使用を禁止します
侵害は著作権法に違反します

(C)2007-2019 Green Moonlight by NYAN
All rights Reserved

(ご来場者数)

(アフィリエイト)

 当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
 『すみれを追いかけて(以下当サイト)』はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Template by たけやん