すみれを追いかけて

春夏秋冬 東西南北 すみれ追っかけ日記

本家ケイリュウタチツボスミレ

もう花の時期を終えそうなタイミングでしたが、南木曽のケイリュウタチツボスミレを見てきました。ここはタイプ標本(基準標本)の産地ですから、本家ケイリュウタチツボスミレと呼んで良さそうです。
この時期でも葉は余り大きくならず、特徴である切形の葉の基部はそのままでした。各地でケイリュウタチツボスミレと出逢うようになりましたが、青森で見かけた個体がケイリュウタチツボスミレであるかを判断しきれていませんでした。やはり、基準となる姿形を把握しておきたいと思って大きく迂回して見てきたという訳です。

本家ケイリュウタチツボスミレ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2009 Green Moonlight  All rights Reserved
スポンサーサイト

コメント

ツヤスミレ 混乱しています。

我が家に3年物のツヤスミレがあります。丈夫というかとても元気で毎年綺麗に咲いてくれます。

シチトウスミレと言うのは・・と言うよりツヤスミレは単なるシチトウスミレの別名と覚えてよいのでしょうか。
シチトウスミレは瀬戸内海周辺で見られるものを限定して「シチトウスミレ」と言うのでしょうか。こちらは海岸性??

先日からNYANさんの本家ケイリュウタチツボスミレを見にきては我が家のツヤスミレを眺めています。
実はケイリュウタチツボスミレ(自生地訪問が出来ないので)の種子の配布で今年の春蒔いて生意気にも見比べてみようと^^;思ったのですが・・・8月の末に消えてしまいました。
ケイリュウと言うからには山地のすみれですよね。

悩む事無く単なるコタチツボスミレの変種?
と地域別に整理すれば良いだけ・・・・ですか?

まとまりのない文章の上何をお聞きしたいのやら。。自分でも怪しくなってしまいました。こっそりと書いてます^^;
意味不明でしたらスルーをお願いいたします。

ツヤスミレ

困ったすみれのひとつですよね。
NYANの状況はちしゃ猫さんと何ら変わりません。
(シチトウスミレのページをご覧下さい)

実はツヤスミレの方は自生地でも見ています。
シチトウスミレは栽培品だけなので、ここが問題ですね。
栽培品は参考にしかならないことがあって、できれば自生地で観察したいところなのです。
地元、千葉県にも自生するというテキスト情報があって、なんとか辿り着きたいと思っています。

似た話として、アツバスミレとアナマスミレの関係がありますね。
ともに海岸性のスミレですが、これは地理的な違いだけではなくて、外見的な違いも明確です。
ただ、栽培品で見ていると同じに見えるようで困ったものです。
もし、栽培環境を同じにすると似るのだったら、それはそれで面白い切り口かも知れません。

リュウキュウタチツボスミレという名前もあるのですよ。
これは、ツヤスミレの別名とされています。
さて、シチトウスミレはどうなのでしょうか。

早々に有り難うございました。

シチトウスミレのページを読ませて頂きました♪

結果は 
何となく分かったような・・・そうでもなかったような・・・
やはり頭の中が混乱しています^^;

線を引けないような?無理に引く事も無いような???
とそんな気分になってきました^^;
もし、栽培環境を同じにすると似てくるのだったら・・・
私の中では永遠にゴチャゴチャでも良いかな^^;
と思えてきました。(大ざっぱな典型的なO型です)
でも自生しているツヤスミレ これは何時か見て見たいと思いました。
ところで「ツヤスミレ」と言うより「シチトウスミレ」と言う方がメジャーなのでしょうか。ツヤスミレは品種扱になっているからでしょうか。
タチツボスミレってややこしいすみれですね。

追記

ケイリュウタチツボスミレとツヤスミレには、余り深い関係があるとは思えません。
前者は渓流植物として注目されました。
強い雨が降った後に、一気に水位が増して強い流れにみまわれても、流され難い構造をしています。
そのために葉が小さくなり、水を受け流すために更に菱形に近い形状に変化したとみられます。

それから、発芽までの期間が極めて短いというポイントがあります。
種子を飛ばしてから、できるだけ早く発芽して根を張ろうという訳です。
独特の特徴をもったタチツボスミレですね。

遺伝子を用いた分類が進むと、外見的な特徴だけを基準にした分類とは異なるポイントで分けることも多くなるでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://violet.blog1.fc2.com/tb.php/122-9ede441c

 | HOME | 

 

プロフィール

Green Moonlight by NYAN

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

アルバム

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログ内検索

Search(ブログ内検索)

キィワードを入力して下さい

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

(ご注意下さい)

無断複製・転載・使用を禁止します
侵害は著作権法に違反します

(C)2007-2018 Green Moonlight by NYAN
All rights Reserved

(ご来場者数)

(アフィリエイト)

 当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
 『すみれを追いかけて(以下当サイト)』はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん