FC2ブログ

すみれを追いかけて

春夏秋冬 東西南北 すみれ追っかけ日記

不明だったすみれと「春待草」

園芸種のすみれ「春待草」が大きいという説明が下手で、話がうまく伝わりません。まぁ、百聞は一見に如かずと申しますので、もう少し成長過程を見ていただくのが、下手な説明より良い結果を生むと思います。隣にあるのは、しばらく「不明の菊葉系」という札が立っていた株ですが、どうやら「キクバノジスミレ・春爛漫」かも知れません。「春待草」と「春爛漫」のツーショットということになりますね。
ところで、いつの間にか増えています。どうやら正常な稔性があるような気がしてきました(交配種なのに・・・)。

不明だったすみれと「春待草」
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2009 Green Moonlight  All rights Reserved




植物全般の勉強をする目的でブログを作ってみました。
華のある暮らし
テーマは、植物に関連していれば余りジャンルを問わないことにしています。覗いてみて下さい。
スポンサーサイト

コメント

今晩は、私のブログにはコメが滅多に入らないので見落としていました。

去年山取りのシハイスミレや田の畦からアリアケスミレを採取しプランターで咲いたあとに実ができ、こぼれ種から新芽が出てきました。すみれは発芽何年で花が咲くのでしょうか?
ご存知なら教えてください。

花が咲くのは

こちらにコメントありがとうございます。

花が咲くまでの期間ですか?
芽が出る時期によるかも知れませんが、芽だ出てしまえば、早ければ翌年、遅くても翌々年には咲いてくれます。

春一番の種を採り播きして、よく肥培すれば、翌年に花を付けます。
少し遅れると冬を越せなかったりします。
もっと遅れると芽が出ませんので、必然的に翌年は株を充実させる期間になります。

ユリ科の植物は発芽から5年、7年という期間が掛ります。
すみれの場合、そんなことはありませんね。

お早うございます。
今日現在で、葉が一枚1cm~2cmぐらいの大きさです。
咲いていた株はもっと早い時期から地表から元気に顔を出していたのですが、
顔を出した時点で葉が一枚も出てません。虫に食べられたのかと、、、そういえばプランターの中にまる虫(触れると丸くなる虫)がいます。
有難うございます、暫く楽しみながら様子を観察します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://violet.blog1.fc2.com/tb.php/108-ed3aa6b0

 | HOME | 

 

プロフィール

Green Moonlight by NYAN

最近の記事

(おすすめ書籍)

月別アーカイブ

カテゴリー

アルバム

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログ内検索

Search(ブログ内検索)

キィワードを入力して下さい

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

(ご注意下さい)

無断複製・転載・使用を禁止します
侵害は著作権法に違反します

(C)2007-2019 Green Moonlight by NYAN
All rights Reserved

(ご来場者数)

(アフィリエイト)

 当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
 『すみれを追いかけて(以下当サイト)』はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん