上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あちこちで見られたタカオスミレ

 随分前に見つけていたタカオスミレの自生地を歩いてみました。あれあれ!こんなにいっぱい、あちこちにあったのですね。改めて驚いてしまいました。
 葉の表面は濃いこげ茶色ですが、裏面はきれいな明るい緑色なのです。この極端なコントラストに驚かされてしまいます。でも、この写真じゃ、さっぱり分かりませんね。^^

あちこちで見られたタカオスミレ

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2013 Green Moonlight  All rights Reserved
スポンサーサイト
地名が命名の由来になっているすみれは多く、このタカオスミレも東京都八王子市にある高尾山というピクニック向きの山の名前をもらいました。
ヒカゲスミレの品種という位置づけです。勘違いも多いのですが、決して高尾山の特産種ではなく、広い範囲で目にすることがあります。先日も茨城県で独特の葉を見掛けました。よくあることなのですが、母種であるヒカゲスミレと同居していて、ある個体は端から茶褐の色が消えつつありました。逆に、芽吹きの段階では緑色をしていることもあります。おもしろい習性ですね。

高尾山のタカオスミレ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2009 Green Moonlight  All rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。