動き出したすみれたち:ニオイスミレ

動き出したすみれたち:タチツボスミレ

 気温の変化が激しい早春ですが、すみれたちは季節の変化を敏感に感じているようです。
 時間を見つけて、町中でスミレたちを探してみました。毎年見に行くタチツボスミレとニオイスミレが咲くお宅の庭では、今年も一足早く春の香りを漂わせています。

動き出したすみれたち:タチツボスミレ

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2015 Green Moonlight  All rights Reserved
スポンサーサイト
タチツボスミレ2態

 時間を見つけて、近場ですが、すみれ散策に出かけてみました。幾つかのすみれたちに出逢えましたが、ちょっと記憶に残ったタチツボスミレ2態をご紹介!
 先ず、ゴルフ場の端っこながら、整備された芝の上一面に広がった背の低いタチツボスミレたちです。余りにピーカンで難しい感じの映像になりましたが、なんとか調整して、裸眼で見たイメージに近づけました。

タチツボスミレ2態

 さて、2枚目ですが、なかなか新たな観察地を得るに至らず、買い物でもしようかと移動している途中、ちょっとだけ立ち寄った丘で見つけました。そろそろ、夕陽のスペクトルに変化していましたが、運良く最後の光が差し込む角度でした。
 これはタチツボスミレですよね?ツレが、距が白いと言って訝ります。周辺では、この付近だけで見られる白い距のタチツボスミレです。ヤブツバキの落下した赤い花を押しのけるようにして元気に咲いていました。

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2014 Green Moonlight  All rights Reserved
2週間後のタチツボスミレ

 小さなタチツボスミレを見てから2週間経ちました。更に気温が上がり、桜が咲きだして、春本番ですね。タチツボスミレはここまで展開していました。

2週間後のタチツボスミレ

 お庭を整理していたご婦人と話ができました。ニオイスミレはそろそろ終わりかけでしたが、そのニオイスミレを日本のどこにでもあるすみれと思っていたようです。ニオイスミレは八重咲きだと信じていたのですね。おそらく、パルマスミレの情報が混乱を生んだのでしょう。
 特に植えたという意識はないのだそうです。以前はもっと奥の方にあったとのことですから、蟻が種子を運んだのでしょうか。

2週間後のニオイスミレ

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2014 Green Moonlight  All rights Reserved
小指の爪サイズのタチツボスミレ

 急に気温が上がり、すみれたちも芽を出し始めています。先日、ニオイスミレが咲いていた家の庭を訪ねてみましたところ、南側のタチツボスミレが無理をして花を咲かせていました(笑)。
 このサイズ。葉も小さいのですが、花は小指の爪サイズですね。気温の変化に驚いて、準備中だった蕾を咲かせてしまったというところでしょうか。

小指の爪サイズのタチツボスミレ

*上記、昨年の未投稿文をそのまま流用。一昨日、全く同じ状況に遭遇したので再利用!(´ー`)

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2014 Green Moonlight  All rights Reserved
お気に入りのタチツボスミレ

 タチツボスミレは個体数がとても多いので、目についても撮影しないで通り過ぎることが多いのではないでしょうか。それでも、おっ!と、ついシャッターを切ることもあるのです。
 枯れ葉や枯れ草とのコラボレーション。センボンヤリとのコラボレーション。ちょっとお気に入りなんです。

お気に入りのタチツボスミレ

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2013 Green Moonlight  All rights Reserved