上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニョイスミレの仲間たちは高山で遅い時期にも花を咲かせるすみれです。水の流れがあるところに小さな花を沢山咲かせる可愛いすみれですが、変化が多くて悩ましい面も。(^.^)
明るい花を咲かせているのはミヤマツボスミレという名前をもらった高山で見られる変種ですね。うっすらと色づく花弁、特に唇弁に入った濃い紅紫色の条が艶っぽい女性的なすみれでしょうか。

高山に咲く小柄なすみれ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2008 Green Moonlight  All rights Reserved
... 続きを読む
スポンサーサイト
2006.06.16 真っ黒いタネ
この時期、ニョイスミレは閉鎖花をあげてはタネを生産するのに専念しています。いったい、どれくらいのタネを飛ばすんでしょうねぇ。
小さくて白い花のイメージとは異なり、小さくて真っ黒いタネを作り出します。サイズは芥子粒より少し大きい程度ですね。
「えっ、芥子粒なんて知らない!」
あのぉ、あんパンの上にくっついている褐色のつぶつぶですよ。

真っ黒いタネ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ

白くてのっぽな(背の高い)すみれの続編はニョイスミレですが、元来は小さなすみれです。
ニョイスミレは、全体に極く小さいものから、まぁ、ぼちぼちのサイズになるものまであるんです。調子に乗って、オオニョイスミレなんて呼ばないで下さいまし。

続 のっぽな白いすみれ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。