「蝦夷」という名前が付いていても、必ず、北海道にたくさん自生しているとは限らないものです。幸い、このエゾノタチツボスミレは北海道で多く目にすることができました。本州では高い山に咲いているすみれでした。北海道では低山でも海岸付近でも見られましたが、比較的草丈が低いなぁと感じました。若干、違いがあるのでしょうか。

蝦夷で出逢ったエゾノタチツボスミレ
(参考) すみれの部屋@(花の写真館) 、 日本のスミレ増補改訂、 スミレハンドブック 


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2010 Green Moonlight  All rights Reserved
スポンサーサイト
徐々に標高を上げて、高山では遅い時期にも花を咲かせるエゾノタチツボスミレです。とても太い茎を持っていて、しっかり立ち上がっています。少々の風では折れたりしないのだろうなぁと感じさせますね。
葉も大きく、托葉もごついイメージがあります。花は・・・、ちょっと可愛らしい面も見せるのですが、やはり、側弁基部の毛がもじゃもじゃで、萼片も大きく毛深い!いかにも男性的なすみれです。

高山に咲く大柄なすみれ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2008 Green Moonlight  All rights Reserved
... 続きを読む
白いすみれは意外に多いのですね。白くてのっぽな(背の高い)すみれを山野で撮影しました。
エゾノタチツボスミレの白っぽい花で、その姿はタチツボスミレをごつくした感じです。純白ではないのですが、シロバナエゾノタチツボスミレと呼ばれることがあります。ちょっと長いですね。

のっぽな白いすみれ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ