やっと見つけ出したキスミレ

 やっと、この地でキスミレに出逢うことができました。始めて訪れてから、なんと12年の歳月が経過しました。実は、その時は探し出すことができず、しょんぼりしながら、帰路についたのです。
 その翌年、別の場所でキスミレを初めて観察することになるのですが、その後、少し有名になった自生地に辿り着きたかった。まぁ、リベンジのようなものでしょうか。現在でも「知る人ぞ知る」という自生地です。独力で見つけ出すには、相当の根性が必要でした。まぁ、今はそれぐらいの方が良い、そのままにしておいて欲しいという気持ちです。

[お知らせ] コメントを集約させて下さい。
コメントを分散するより集約した方が良いと思いますので、できましたら、以下のサイトの画像掲示板をご利用いただけますようお願いいたします。

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2012 Green Moonlight  All rights Reserved
スポンサーサイト
強い日差しに涼風が気持ち良い阿蘇くじゅう国立公園を走ってきました。黄金色のキスミレが元気に咲いていました。
広大な山々のいたるところで野焼きが行われる光景を想像すると豪快なイメージですが、緻密な計算と多くの方々の苦労で成り立っているのでしょう。通常であれば、野焼きから1ヶ月程度の時期の当たります。でも、野焼きができなかったらしいエリアが残っていました。

熊本のキスミレ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2009 Green Moonlight  All rights Reserved




植物全般の勉強をする目的でブログを作ってみました。
華のある暮らし
テーマは、植物に関連していれば余りジャンルを問わないことにしています。覗いてみて下さい。
氷河に乗って大陸から分布を広げ、温暖化のために火山周辺だけに取り残されたキスミレ。数少ない自生地のうち、これは富士山周辺に咲くキスミレたちです。
野焼きなどによって開けた環境が維持されていれば、ある程度の個体数で群生するところですが、このあたりでは山道にぽつりぽつりと咲くのが普通です。人の通りが多めなのですが、誰にも黄色いすみれだと気付いてもらえないのが幸いしているようでした。

静岡のキスミレ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2009 Green Moonlight  All rights Reserved




植物全般の勉強をする目的でブログを作ってみました。
華のある暮らし
テーマは、植物に関連していれば余りジャンルを問わないことにしています。覗いてみて下さい。
富士山系で見られるキスミレです。阿蘇山系と比較すると数は少ないのですが、東京圏近隣で見られるということが、とても貴重だと思います。
以前はなかなか情報を得ることができなくて、あちこち探し回ったものです。見つかってみると、意外に安易な場所で元気に咲いていたりするひょうきんなすみれでもあります。

富士のキスミレ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ