昨年、取り播きして育てていた苗たちの中には、冬場に枯れないで育っていたものがありました。どうしたことか、その一部が咲き出してしまいました。
小さい方はリュウキュウコスミレですが、春に咲く場合の花に比べると、直径で半分程しかありません。どうやら、季節を間違えてしまったようです。
一方の紅色の花は、人工交配種であるベニバナナンザンスミレの「紅鶴」として購入したもので、どういう訳か、普通にタネができるのですが、親と同じ花を咲かせました。春に比べると心持ち小さめですが、まぁまぁのサイズですね。たくさん育てたのですが、この株だけ咲き始めてしまいました。

早く咲き出してしまいました
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2008 Green Moonlight  All rights Reserved
... 続きを読む
スポンサーサイト
関東の平地では、普通に見られるすみれは、もう閉鎖花をあげてタネを飛ばそうとする時期になります。
それでも、我が家の庭では、まだ少し花が見られます。写真は昨日の物です。サクラヤエヤマスミレという名で売られていました。沖縄パワーで元気な人工交配種なのでしょうか。

元気な沖縄交配種
すみれの部屋@(花の写真館)  へ
離島ハイブリッド


沖縄の離島に育つ小さなすみれたち同士のハイブリッド(交雑種)だそうです。とてもかわいらしいですよね。湿地を好むそうですが、まるで地衣類のような生活をしているのだろうなぁと、まだ見ぬすみれたちを思うのです。

すみれの部屋@(花の写真館) ブログ版