fc2ブログ

すみれを追いかけて

春夏秋冬 東西南北 すみれ追っかけ日記

〔徒然草〕印象が違うかも?

 昔の展示会で撮影させていただいた写真編もパート14になりました。さて、今回は「紅鶴」と表示されていた展示品ですが、実のところ、少し戸惑っています。この「紅鶴」とは、おそらく「エイザンスミレ x ベニバナナンザンスミレ・紅鶴」のことですよね、きっと(汗;)。

エイザンスミレ x ベニバナナンザンスミレ・紅鶴

 知っている「エイザンスミレ x ベニバナナンザンスミレ・紅鶴」は、もっと濃い紅色で、シンプルというのか、端正な顔立ちを持ってる印象です。ただ、1979年の交配から既に40年以上が経過しています。安定した形質を維持しているグループも存在するとは思いますが、形質分離してしまったグループが存在することは、当然と言えば当然でしょうね。
 この交配種には稔性があって、長い間、苗だけでなく、種子でも一般流通しています。適切な形質維持のためには選別が必要ですが、それを不特定多数に期待する方が無理筋というモノでしょう。大きく捉えて「ヒラツカスミレ群」という見方もあるようですが、少し大きすぎるかも知れませんね。個人的には「紅鶴系」という系統があるという見方もありかなぁと・・・(再び、汗;)。



 今日は3月11日ですね。5月に目にした石巻周辺の瓦礫の山、打ち上げられた船や通電していない信号機などが脳裏に蘇ります。

すみれの部屋@(花の写真館)
 *コンテンツの一部(徒然草)をブログで再現したものです

© 2022 Green Moonlight by NYAN All rights Reserved
スポンサーサイト



早く咲き出してしまいました

昨年、取り播きして育てていた苗たちの中には、冬場に枯れないで育っていたものがありました。どうしたことか、その一部が咲き出してしまいました。
小さい方はリュウキュウコスミレですが、春に咲く場合の花に比べると、直径で半分程しかありません。どうやら、季節を間違えてしまったようです。
一方の紅色の花は、人工交配種であるベニバナナンザンスミレの「紅鶴」として購入したもので、どういう訳か、普通にタネができるのですが、親と同じ花を咲かせました。春に比べると心持ち小さめですが、まぁまぁのサイズですね。たくさん育てたのですが、この株だけ咲き始めてしまいました。

早く咲き出してしまいました
すみれの部屋@(花の写真館)  へ


無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2008 Green Moonlight  All rights Reserved

続きを読む »

元気な沖縄交配種

関東の平地では、普通に見られるすみれは、もう閉鎖花をあげてタネを飛ばそうとする時期になります。
それでも、我が家の庭では、まだ少し花が見られます。写真は昨日の物です。サクラヤエヤマスミレという名で売られていました。沖縄パワーで元気な人工交配種なのでしょうか。

元気な沖縄交配種
すみれの部屋@(花の写真館)  へ

離島ハイブリッド

離島ハイブリッド


沖縄の離島に育つ小さなすみれたち同士のハイブリッド(交雑種)だそうです。とてもかわいらしいですよね。湿地を好むそうですが、まるで地衣類のような生活をしているのだろうなぁと、まだ見ぬすみれたちを思うのです。

すみれの部屋@(花の写真館) ブログ版

 | HOME | 

 

プロフィール

Green Moonlight by NYAN

最近の記事

一覧表示機能付きカテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

Search(ブログ内検索)

キィワードを入力して下さい

RSSフィード

(ご注意下さい)

無断複製・転載・使用を禁止します
侵害は著作権法に違反します

(C)2004-2022 Green Moonlight by NYAN
All rights Reserved

(ご来場者数)

(アフィリエイト)

 当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
 『すみれを追いかけて(以下当サイト)』はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Template by たけやん