FC2ブログ

すみれを追いかけて

春夏秋冬 東西南北 すみれ追っかけ日記

〔徒然草〕すみれの詩 (9)

 高尾のヒナスミレ、続編です。この狭いエリアで幾つかの変異が見られるのですが、ここで紹介するのは、その内、花弁が全体に小さめでキリっとした印象を持つヒナスミレと、葉緑素以外の色素が抜けた印象で、ちょっと怪しいシロバナヒナスミレです。

ヒナスミレ

 葉について、ヒナスミレの方が花弁と同様に少し細めに見えます。シロバナヒナスミレの葉は、まぁ、形状はほぼ同じですが、立体感がない感じですね。唇弁の距がプックリしていて、ちょっと変です。双方とも典型品ではないようだと思っています。

シロバナヒナスミレ

 このエリアには、他にも紅色で愛らしい個体群、花弁や葉が強めに波を打つ個体群、大柄で派手めの個体群などが見られるだけでなく、年によって開花数に変化があって楽しくなるのです。でも、高尾全域で満遍なく見られる種ではありません(悪しからず)。

すみれの部屋@(花の写真館)
 *コンテンツの一部(徒然草)をブログで再現したものです

© 2018 Green Moonlight by NYAN All rights Reserved



スポンサーサイト

〔徒然草〕すみれの詩 (8)

「すみれの詩」にヒナスミレの章はありますが、副題である『高尾山でいつかは会いたい』の会いたい対象は、ヒナスミレを片親とする交雑種のオクタマスミレとシロバナヒナスミレです。ヒナスミレについては簡単に触れた程度という印象でしょうか。

ヒナスミレ

 新井氏のホームグランドである高尾にもヒナスミレがたくさん咲きますが、すみれの季節序章で咲き出すため、「目立たないスミレ」と表現しています。確かに見逃しやすいかも知れません。でも、見かけると飛びっきり嬉しくなってしまう、ちょっと特別な存在でしょう。この写真の個体は、もう10年以上前にコンデジで撮影しました。ヒナスミレらしさが感じられる「可憐なタイプ」ですが、実は、この狭いエリアで幾つかの変異が見られます。引き続き、そんな変異を紹介していきたいと思っています。

ヒナスミレ

すみれの部屋@(花の写真館)

© 2018 Green Moonlight by NYAN All rights Reserved

ヒナスミレ三変化!

ヒナスミレ三変化!

 比較的早く咲き出すヒナスミレですが、そうした季節感を無視するように、いろいろなすみれたちと一緒に咲いていました。
 よく見ると、いろいろな表情をしています。淡くておとなしそうな姿もあります。

ヒナスミレ三変化!

 大きな白斑入りの葉に囲まれて、中心で笑顔を振りまくお嬢様という雰囲気でしょうか。

ヒナスミレ三変化!

 そして、ちょっと陰がある様子で佇むのは白花ですね。距にうっすらと薄紅色が残るもので、葉の色合いも渋いものです。ヒナスミレ、いろいろ!

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2013 Green Moonlight  All rights Reserved

いじけたヒナスミレ

いじけたヒナスミレ

 ヒナスミレは、概ね、可愛い姿をしていますが、ちょっとヒネた個体もあるようです。ちょっとだけ(笑)。あー、でも、葉っぱもいじけてますね。花を4つも付けているので勘弁してあげましょうか

いじけたヒナスミレ

すみれの部屋@(花の写真館)

無断複製・転載・使用を禁止します。侵害は著作権法に違反します。
Copyright (C) 2013 Green Moonlight  All rights Reserved

苔生した岩場に咲くヒナスミレ

ちょっと分かりづらい表情をしていますが、これは富士山麓の苔生した岩場に咲くヒナスミレです。
葉の形がよく見えないと、分かりづらいということが認識できました。逆に言えば、葉の形でヒナスミレだと判断していた訳ですか。もう少し、総合的に見ないといけないですね。

苔生した岩場に咲くヒナスミレ
すみれの部屋@(花の写真館)  へ

続きを読む »

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

Green Moonlight by NYAN

最近の記事

(おすすめ書籍)

月別アーカイブ

カテゴリー

アルバム

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログ内検索

Search(ブログ内検索)

キィワードを入力して下さい

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

(ご注意下さい)

無断複製・転載・使用を禁止します
侵害は著作権法に違反します

(C)2007-2018 Green Moonlight by NYAN
All rights Reserved

(ご来場者数)

(アフィリエイト)

 当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
 『すみれを追いかけて(以下当サイト)』はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん